Currently Browsing

ジャケット

ストレッチデニムフーテッドジャケット

厳しい真冬の寒さもそろそろ終わりが見えてくる頃。
厚手のアウターの下に春を思わせるライトアウターを
忍ばせて新しい季節の準備をしてみてはいかがでしょうか?
今回は着回ししやすいベーシックなシルエットに
大きめのフードでアクセントをつけたデニムフーテッドジャケットをご紹介致します。

真冬に着用するしっかりと暖かみのあるアウターと、
生地感の薄い軽めのアウターを重ねて着るアウターレイヤードスタイルは、
ワンランク上のお洒落感を演出できると大注目されていますが、
そんなトレンドスタイルにも最適なライトアウターとしておすすめしたいのが
こちらのジャケットです。

デニム素材のジャケットといえばGジャン型が定番、
それだけに周囲とコーディネートも被ってしまいがちです。
こちらのアイテムはシルエットがかっちりし過ぎない
ムードのパーカースタイルを採用。
フードやフロントの大き目なポケットをアクセントに
カジュアルさをミックスしたことで
他とは違った印象のデニムジャケットが完成しています。
生地感も上質な綿素材をメインに使用しましたので、
さらりとした着心地でデニム特有のゴワ付きや重さを感じさせない
快適な仕上がりになっています。
横方向へのストレッチ性もほど良く備えていますので
アウターレイヤードをして頂いても着脱がスムーズで、
春や秋にはさっと羽織って頂けるライトアウターとして
長いシーズン活躍できる優秀なアウターです。

詳細はこちら

Johnbull カラースキーム&ライトオンスデニムコーチジャケット

時代を超えて愛され続けるプロダクトへのリスペクト。
服それぞれが持つ意味、魅力、ルールを熟知すること。
そのうえでリアリティとクオリティを意識した物づくりをベースに新しい価値を提供するブランド”Johnbull”から、2つの異なる素材感からお好みでお選び頂けるコーチジャケットのご紹介です。

コーチジャケットとは主にナイロンで出来たジャケットのことで、もともとはアメリカンフットボールのコーチたちが着ていたライトアウターが起源とされています。
シンプルなデザインで取り入れやすく、襟付きや袖口・裾部分を絞れるようになっていたりとディテールもお洒落なことから近年メンズファッション界でも注目を集め、更に90年代ファッションやスケートカルチャーへの関心も相まって今や最旬アウターといえるアイテムです。

今回ご紹介するコーチジャケットはベーシックなフォルムを守りつつも、背裏と合わせたカラーのステッチをアクセントにしたことでシンプルなスタイリングにも映え遊び心を感じさせるカラースキームコーチジャケットが完成しています。
さらに、このトレンドアイテムを従来の主流素材ナイロンだけではなく新鮮なデニム素材でもご用意致しました。
10オンスの程よく軽く、柔らかいデニム生地を使用していますのでデニム特有のゴワ付きを全く感じさせないソフトな風合いが魅力的な一着です。

スポーツMIXにも最適な少し短めの着丈で余裕のあるシルエットなので、インナーにもオーバーサイズのものを合わせて頂きビッグシルエットスタイルを楽しんで頂いたり、ライトアウターとして冬はコートの中に重ねてアウターレイヤードで魅せる上級コーディネートもおすすめです。
春秋にはインナーの上にさっと羽織ってお使い頂けますので、長いシーズン活躍してくれる頼もしいアイテムです。

詳細はこちら

ストレッチデニムフーテッドジャケット

厳しい真冬の寒さもそろそろ終わりが見えてくる頃。
厚手のアウターの下に春を思わせるライトアウターを忍ばせて新しい季節の準備をしてみてはいかがでしょうか?
今回は着回ししやすいベーシックなシルエットに大きめのフードでアクセントをつけたデニムフーテッドジャケットをご紹介致します。

真冬に着用するしっかりと暖かみのあるアウターと、生地感の薄い軽めのアウターを重ねて着るアウターレイヤードスタイルは、ワンランク上のお洒落感を演出できると大注目されていますが、そんなトレンドスタイルにも最適なライトアウターとしておすすめしたいのがこちらのジャケットです。

デニム素材のジャケットといえばGジャン型が定番、それだけに周囲とコーディネートも被ってしまいがちです。
こちらのアイテムはシルエットがかっちりし過ぎないムードのパーカースタイルを採用。
フードやフロントの大き目なポケットをアクセントにカジュアルさをミックスしたことで他とは違った印象のデニムジャケットが完成しています。
生地感も上質な綿素材をメインに使用しましたので、さらりとした着心地でデニム特有のゴワ付きや重さを感じさせない快適な仕上がりになっています。
横方向へのストレッチ性もほど良く備えていますのでアウターレイヤードをして頂いても着脱がスムーズで、春や秋にはさっと羽織って頂けるライトアウターとして長いシーズン活躍できる優秀なアウターです。

詳細はこちら

Johnbull カラースキーム&ライトオンスデニムコーチジャケット

時代を超えて愛され続けるプロダクトへのリスペクト。
服それぞれが持つ意味、魅力、ルールを熟知すること。
そのうえでリアリティとクオリティを意識した物づくりをベースに新しい価値を提供するブランド”Johnbull”から、2つの異なる素材感からお好みでお選び頂けるコーチジャケットのご紹介です。

コーチジャケットとは主にナイロンで出来たジャケットのことで、もともとはアメリカンフットボールのコーチたちが着ていたライトアウターが起源とされています。
シンプルなデザインで取り入れやすく、襟付きや袖口・裾部分を絞れるようになっていたりとディテールもお洒落なことから近年メンズファッション界でも注目を集め、更に90年代ファッションやスケートカルチャーへの関心も相まって今や最旬アウターといえるアイテムです。

今回ご紹介するコーチジャケットはベーシックなフォルムを守りつつも、背裏と合わせたカラーのステッチをアクセントにしたことでシンプルなスタイリングにも映え遊び心を感じさせるカラースキームコーチジャケットが完成しています。
さらに、このトレンドアイテムを従来の主流素材ナイロンだけではなく新鮮なデニム素材でもご用意致しました。
10オンスの程よく軽く、柔らかいデニム生地を使用していますのでデニム特有のゴワ付きを全く感じさせないソフトな風合いが魅力的な一着です。

スポーツMIXにも最適な少し短めの着丈で余裕のあるシルエットなので、インナーにもオーバーサイズのものを合わせて頂きビッグシルエットスタイルを楽しんで頂いたり、ライトアウターとして冬はコートの中に重ねてアウターレイヤードで魅せる上級コーディネートもおすすめです。
春秋にはインナーの上にさっと羽織ってお使い頂けますので、長いシーズン活躍してくれる頼もしいアイテムです。

詳細はこちら

Upscape Audience リップストップ撥水ナイロンジャケット

Audienceの世界観とコンセプトはそのままに、国内生産に絞ったものづくりでより高いクオリティの製品を打ち出す MADE IN JAPANラインであるUpscape Audienceから、トレンドのドロップショルダーを採用した軽量で丈夫な撥水ナイロンジャケットのご紹介です。

肩幅を広く取り、肩が落ちたように見えるドロップショルダーは今季のトレンド。
ゆったりとしたシルエットですが着用時はすっきりと落ち着く、大人のジャケットです。
襟元は、ボタンを全て閉じてハイネックとしても着ることができますし、ボタンを開けて寝かせることで大きな襟が特徴的なデザインにもなります。

格子状にナイロン繊維が縫い込こまれたリップストップ生地は、万が一生地が裂けても縫い込まれたナイロン繊維がそれ以上の進行を食い止めてくれるので、ガシガシ使い倒せるのも特徴です。
また、撥水加工を施しているため、多少の水滴は弾き、雨や水はもちろん飲み物などをこぼしてしまっても撥水効果を発揮してくれるので汚れにも強い素材感となっております。

詳細はこちら

SPU フェイクウールパイピング中綿アウタージャケット

首元とフロントラインの装飾が目を惹く、見た目に暖かなウール調のお洒落なデザインジャケットが登場しました。

男らしい存在感を放つハイネックデザインに、取り外し可能なフード付き。
2WAYでコーディネートに合わせて着こなしを楽しんでいただけます。
首元と前身頃に施されているパイピングラインとマリン調のボタンが映える胸ポケット使いも良いアクセントとなっています。

マットで微かな光沢感を持つウール調の生地が、見た目に暖かさを演出してくれます。
見た目とは反し、本物のウールのようなチクチクした肌触りではないので、滑らかでしっとりとした生地感です。
さらりとした裏地と、ボリュームが出すぎないようにほど良く詰めた防寒性のある中綿で、スマートに快適に着用していただけます。

詳細はこちら

Audience イタリアBESTEコットンツイルノーカラージャケット

SPUでも人気のブランド「Audience(オーディエンス)」から、世界的な高級ブランドを顧客に持つ高密度な綿素材のコート地で有名なイタリアのBESTE(ベステ)社の素材を贅沢に使用した、程よい光沢感が上品な雰囲気を作り出すノーカラージャケットが登場しました。

コットンツイル生地とは、綿を使用した織り目が斜めになっている綾織物のことを指します。
ツルッとした滑らかな手触りや程よい光沢感が特長的です。
デザインはカッチリとしすぎないヌケ感が魅力的なノーカラージャケットを採用。
ウエスト部分をややシェイプさせているのでスマートで美しいシルエットを創り上げています。
ストライプ柄の裏地や袖の3つボタンとBESTE社のネームなど細かい部分にもさりげないおしゃれ感を演出してくれるデザイン性に、内ポケットや裾回りの引きつりを解消するセンターベンツで機能性もぬかりありません。
更に高品質な生地の風合いも同時に楽しめるというどこまでも贅沢な要素の詰まったこちらのジャケット、ぜひご自身で体感してみてください。

詳細はこちら

SPU WOOL混ツイード中綿フードジャケット

SPUからウールを混紡して暖かさを保ち、ツイード素材で上品な大人のムードを演出するフードジャケットのご紹介です。

フード付きのジャケットは若々しく見えてしまいそうで敬遠しがちだったという方にも是非おすすめしたいのがこちらのジャケットです。
表地にシックな印象を与えてくれるツイード素材を採用。
生地そのものがしっかりと存在感を発揮するのでシンプルになりがちな冬のアウターに華を添えてくれます。
一般的なツイードより厚みを抑えたことでジャケット本体を軽量化し、長時間着て頂いても着疲れしない仕上がりです。

フードの内側は立ち襟になっていてスナップボタンを留めて頂けば首周りをしっかりと覆い、冷気の侵入を防いでくれます。
袖口にもリブがあしらわれているので暖まった体温を逃さずに防寒性を高め、ロードバイクでの通勤・通学などにもおすすめです。

フロント部分には合計四カ所ものポケットを完備し、収納性も高く仕上げました。
ポケットは全てスナップボタンで開閉できますので、スマートフォンや財布など大切なものが滑り落ちてしまう心配もありません。
大き目のボタンで手袋をしていても着脱がしやすくなっています。
さらにフードはファスナー式で手軽に取り外して頂けますので、その日の気分に合わせてフートの有り・無し二通りのコーディネートを楽しめる優秀なジャケットです。

詳細はこちら

ストレッチフェイクムートンフードデザインアウター

まるで本物のムートンとファーを使っているかのような、滑らかでしっとりした質感のストレッチアウターのご紹介になります。

シンプルで長く愛用できるシルエットにスタンドフードデザインで男らしさをプラス。
口元が隠れるほどの高さがあるので、防寒性も優れています。
品のあるクラシックなくるみボタンで、高級感のある仕上がりになっております。

しっとりとラグジュアリーな風合いのフェイクムートン素材で仕上げた1着は、普遍的なカッコ良さと特別感を両立した理想のアウターです。
さらに裏地には暖かく、見た目にも華やかなフェイクファー素材を採用。
細かな毛の隙間に空気をため込むことで生まれる断熱性と保温性、ふんわりと優しい肌触りの着心地で寒い日の外出にもうれしい素材です。
さらに伸縮性があり、ストレスの少ない着心地を実現しています。

詳細はこちら

Upscape Audience 日本製パウダースノーバックサテンファティーグジャケット

Audienceの世界観とコンセプトはそのままに、国内生産に絞ったものづくりでより高いクオリティの製品を打ち出すMADE IN JAPANラインであるUpscape Audienceから、暖かみのある上質な起毛加工を施したパウダースノーバックサテンを使用したファティーグジャケットのご紹介です。

ファティーグジャケットとは60年代前半にベトナム戦域における熱帯被服(コンバットトロピカルコート)として導入されたのが始まりといわれています。
両胸の大きなポケットが非常に特徴的なデザインで、今回ご紹介するアイテムはファティーグの持つミリタリーイメージはそのままに現代風に丈感を調整し、スタイリッシュな印象へと生まれ変わらせました。

生地はキメ細やかに表面を毛羽立たせるパウダースノー加工を施した、しぼ感のあるサテン地を採用。
生地にはほんのり横方向へのムラもあり、味わいのある風合いと品のあるムードで、一般的なツイル地のジャケットと差別化を図ります。
敢えて華美に飾りつけず生地そのものが持つ風合いを生かす為に製品洗いをしておりますので、何年も大切に着こんだようなヴィンテージ感を楽しんで頂けるのも魅力です。

一枚でも十分に雰囲気のあるアイテムですが、カットソーからシャツ、パーカーなど様々なアイテムと相性が良いので季節によって幅広いコーディネートを楽しんで頂けます。
流行り廃りのないファティーグは着合わせ次第で様々な表情を見せてくれる、おすすめのアイテムです。

詳細はこちら