Upscape Audience 日本製青耳セルヴィッチデニムアンクルパンツ

Audienceの世界観とコンセプトはそのままに、国内生産に絞ったものづくりでより高いクオリティの製品を打ち出すMADE IN JAPANラインであるUpscape Audienceから、セルヴィッチの魅力を存分に生かしたデニムアンクルパンツのご紹介です。

セルヴィッチとは旧式の織り機を使って織られたデニム生地のことをいいます。
生地の両端に「耳」と呼ばれる特徴があり、一般的なボトムスとは違い裾を折り返した時に耳がはっきりと見え存在感を発揮してくれます。
この耳は旧式の織り機でしか作ることのできない仕様でヴィンテージデニムの証とも言われます。
更に通常のセルヴィッチは赤耳と呼ばれる赤糸を使用したものが主流ですが、今回ご紹介するアイテムはヴィンテージでも類を見ないブルーライン(青耳)セルヴィッチですので、ぐっと新鮮な印象を与えてくれます。

デザインはこれまでUpscape Audiencesでも長く親しまれてきたタイトフィットテーパードパンツのシルエットをベースに、細身で綺麗なラインに着心地の良さをプラスした贅沢な仕上がりを実現しました。
一見シンプルなルックスながらインディゴカラーに映えるカラーステッチが大人の遊び心を感じさせます。
アンクル丈なので小さくロールアップして穿いて頂いた際に、折り返した側面にちらりと顔を覗かせるブルーセルヴィッチがコーディネートのアクセントになり、さりげなく周囲との差別化ができるのも嬉しいポイントです。

生地にブリーチ加工等は行っておらず、デニム本来のインディゴをしっかりと残した美しいカラーなので、ご自身のお好みに合わせて穿きながらじっくりと色落ち具合を育てて頂ける生地感も魅力です。

詳細はこちら

Posted By admin

Leave a Reply