綿100%作務衣

作務衣(さむえ)とは、もともとは禅宗の僧侶が着ていた服のことで、日々の雑務を行う際に用いていました。
着用による蒸れがなく解放感ある優れた着心地から最近ではリラクシングウェアとして人気がある作務衣。
綿100%の生地を日本の伝統的な雰囲気を醸し出しつつ、大人のオフを優雅に演出します。

詳細はこちら

Posted By admin

Leave a Reply