本革ボロネーゼ製法内羽根ストレートチップタイプビジネスシューズ

きちんと感のあるデザインに、ボロネーゼ製法で歩き易さをプラスした新感覚ビジネスシューズのご紹介です。

その名の通りイタリアのボローニャ地方発祥のボロネーゼ製法は、履き心地の良さを追求した非常に柔らかな仕上がりが特徴のシューズ製法です。
ソールのしなりに無理のない作りなので、蹴り出す時の動きに合う自然なフィット感があります。

硬く重いビジネスシューズではそれだけで足を疲れさせてしまうものですが、今回ご紹介するシューズはボロネーゼ製法の特徴である履き心地の良さを更に引き立てる天然のバッファローレザーを使用しました。
バッファローレザーは一般的な牛革よりも柔らかく、耐久性にも富んでいるのでこちらのシューズには最適な素材と言えます。

バルモラルとも呼ばれる腰革と甲革が繋がった内羽根デザインと、つま先に一本の横線ステッチ(シーム)が入ったストレートチップを組み合わせ、紳士靴の中でも最もドレッシーなスタイルが完成しました。
ビジネスシューズとしては勿論、フォーマルなルックスはパーティーシーンや冠婚葬祭にも最適です。

詳細はこちら

Posted By admin

Leave a Reply