Currently Browsing

Posts Tagged ‘ ショルダーバッグ ’

Butler Verner Sails 日本製反応染めロールショルダー

厚手で丈夫な綿素材で仕立てられたミニショルダーバッグのご紹介です。
昨年大人気だった毎日のお洒落に使い易いベーシックな3カラーに、
2019年はスタイリングのワンポイントとしても活躍できる3カラーをプラスした
計6カラーの豊富なカラーバリエーションでご用意しました。

すっきりとした見た目に反して容量は大きく、メインのポケットには長財布がスムーズに収納できます。
500mlのペットボトルも入る、ちょっとしたお出かけにもピッタリのサイズ感に仕上げました。
内側には小型の仕分けポケットも2箇所あるので、煙草や鍵などの小物も収まりよく収納できます。

大きめのバッグは持ち歩きたくないという方にもおすすめのサイズ感で、
アウトドアや音楽フェスなどアクティブに動き回るシーンにも最適なこちらのアイテム。
ナチュラルな生地感で新品でもどこか使い込んだような風合いが、コーデ全体をこなれた印象に仕上げてくれます。

詳細はこちら

Butler Verner Sails 日本製カウレザースクエアショルダーバッグ

国産バッグブランド「Butler Verner Sails(バトラーバーナーセイルズ)」から、上質な牛革を贅沢に使ったショルダーバッグのご紹介です。

こちらのバッグはなんと“カラーによってそれぞれ異なるレザーを用いて創られている”という他にはあまりない珍しいアイテム。
ブラックにはアメリカのHORWEENレザーを、ヌメ(ナチュラル)には日本の栃木レザーを採用し、色に合わせて素材を選ぶ所から裁断、縫製に至るまで随所にこだわりが光る仕上がりになりました。

どちらのレザーにも肉厚なヌメ革が使われており、フロント部分は刻印のみという飽きの来ないミニマルなルックスで長い期間お使い頂けることはもちろん、シンプルな色形なのでどんなファッションスタイルにもマッチします。
新品からエイジング(経年変化)まで様々な表情を楽しませてくれる本革でしか味わえない風合いが魅力です。

詳細はこちら

Butler Verner Sails 日本製64クロスショルダーバッグ

日本での物づくりにこだわりを持ち、その高い品質から多くの支持を受けている国産ブランド、「Butler Verner Sails(バトラーバーナーセイルズ)」から通勤通学からアウトドアまで、幅広いシーンで使えるショルダーバッグが登場しました。

こちらのバッグは64クロス(ロクヨンクロス)と呼ばれる綿とナイロンが混紡された生地が使用されています。
綿とナイロンのそれぞれの特色の良いとこ取りをし、「耐久性」「しなやかな質感」「軽さ」といった特徴を持っています。
多少の雨や水であればバッグ内の侵入を防いでくれます。

またバッグ内は小物を入れやすい3つのポケットと、外側にスマホやパスケースなどすぐに使いたいものを収納しやすい大きなジップポケットが付いていて、バッグの見た目以上にしっかりと収納してくれるのも嬉しいポイントです。

詳細はこちら

Butler Verner Sails 日本製パラフィンミニショルダーバッグ

日本での物づくりにこだわりを持ち、その高い品質から多くの支持を受けている国産ブランド、「Butler Verner Sails(バトラーバーナーセイルズ)」から経年変化を楽しめるミニショルダーバッグが登場しました。

レザーとキャンバス素材なので上品にもカジュアルな服装との相性もバッチリ。
ボディに使われているパラフィン素材は強度と撥水性に優れています。

コンパクトなサイズ感になっていますが、メインポケットの開閉口はダブルジップ仕様、内側にはスマホや鍵などを入れやすい小物仕分け用のポケットが付いていて使い勝手は抜群です。
また荷物量によってマチが広がる仕様になっているので見た目以上の収納力も魅力です。

ユニセックスで使える飽きのこないシンプルながら可愛いデザインで、普段使いや散歩などにも持っていきたくなるバッグです。

詳細はこちら 

Butler Verner Sails 日本製パラフィン×レザーミニショルダーバッグ

国産バッグブランド「Butler Verner Sails(バトラーバーナーセイルズ)」から、パラフィン加工を施したコンパクトバッグのご紹介です。

ロウでコーティングした生地加工であるパラフィンは、別名ロウびきとも呼ばれ撥水性を持たせられるので帆布などにも古くから使われてきた技法です。
使い始めはやや硬めの風合いですが、使い込むうちに柔らかく馴染んでいくのが特徴で、この生地感の変化が楽しめるのもパラフィンならではの魅力と言えます。

これを厚手のキャンバス生地に落とし込み、レザーとのコントラストがコーデに絶妙なスパイスを与えてくれるコンパクトバッグに仕上げました。
広めのマチで見た目以上に収納力にも優れているので、ちょっとしたお出掛けから旅行の時のサブバッグなど、生活の中の様々なシーンで重宝すること間違いなしのサイズ感です。

詳細はこちら

Butler Verner Sails 日本製シュリンクレザーバムフラップショルダーバッグ

肉厚レザーを贅沢に使用した本革バッグ。
底部分にあえてマチを出さないことで丸みを帯びた柔らかい形に仕上がっています。

お財布や携帯電話・タバコが入る、流行を問わず人気があるコンパクトなサイズ感です。
丸く優しい印象の見た目なので、ユニセックスでお使いいただけます。

詳細はこちら

Butler Verner Sails 日本製反応染めロールショルダーバッグ

厚手で丈夫な綿素材で仕立てられたミニショルダーバッグ。
毎日のお洒落に使い易い2カラーで、必要最小限のものだけ持ち出せるコンパクトなサイズ感です。
レザーよりも軽いので、アウトドアや音楽フェスなど、アクティブに動き回るシーンにもピッタリ。
見た目以上に容量が大きいのもうれしいポイントです。

素材にはコットンを100%使用。
繊維に染み込ませて染める「反応染め」が施されているので色落ちしにくく、家庭で水洗いすることも可能で生地の縮みもほとんどありません。
ナチュラルな生地感で使い込んだような風合いがポイントですので、買ったばかりの新品にありがちな“堅さ”を感じることもなく、使い初めからアカ抜けた印象に魅せてくれます。

メインのポケットには長財布がラクラク収納できます。
500mlのペットボトルも入るので、ちょっとしたお出かけにピッタリのサイズ感です。
また、小型ポケットが2つあり、煙草やスマホなどの仕分けに便利です。

詳細はこちら

Butler Verner Sails 日本製リップナイロンビッグエコショルダーバッグ

国産バッグブランド「Butler Verner Sails(バトラーバーナーセイルズ)」から、折り畳めて持ち運びにも便利なエコショルダーバッグのご紹介です。

とにかく大容量なのが魅力で、かさばるアイテムも楽々収納可能なこちらのバッグ。
薄くて軽い、更に丈夫なリップナイロン素材を使用していますので、入れるアイテムに合わせて柔軟にバッグの形を変えることが出来る優れものです。

肩ひもをやや長めに設定していますので、トートバッグとしては勿論リュックやボディバッグなどシーンに応じてスタイルを変えてお使い頂けるお得感と対応力はこのアイテムならでは。
日本製メーカーが細部まで丁寧に作り上げたバッグはパーツに本革を使用していたりと、ルックスにも細やかなこだわりが光ります。

華美な装飾は控えたユニセックスでお使い頂ける仕上がりとなっておりますので、家族やパートナーとのシェアもおすすめのアイテムです。

詳細はこちら

Butler Verner Sails 日本製シワ加工レザーロールミニショルダーバッグ

国産バッグブランドButler Verner Sails(バトラーバーナーセイルズ)から上質な牛革を使用し国内で丁寧に仕上げられたショルダーバッグが登場しました。

大きすぎず、小さすぎないほど良い大きさのショルダーバッグ。
シックな印象の本革素材で、カジュアルスタイルだけでなく上品な大人っぽい着こなしにもばっちりハマりますし、角のない丸いフォルムで自然と優しそうなオーラを出してくれるのもポイントです。

詳細はこちら

Butler Verner Sails 日本製馬革レザーロールミニショルダーバッグ

手頃なサイズで人気のシワ加工ロールショルダーバッグから深みのある光沢感が特徴の馬革素材ver.が登場です。

この馬革素材のポイントはなんといっても経年変化。
牛革よりも肉厚で味が出やすく、使い込むほどに艶と風合いに深みが増していくので、本革バッグならではの楽しみが存分にお楽しみ頂けます。
革だけでなく、金具も日本製のマットな質感で大人っぽく仕上げています。
キャメルはアンティークゴールド、その他のカラーはブラックの金具を使用し、落ち着いた雰囲気で全体のバランスをまとめています。

また、サイズ感は財布や携帯電話、飲み物、タオルなどがちょうど収まるくらいの大きさなので、休日のちょっとしたお出掛けシーンでも活躍します。
コロンとした丸いフォルムで男性はもちろん、女性にもおススメです。
使うほどに愛着がわいていくアイテムなので、荷物がなくても持ち歩きたくなりそうです。

詳細はこちら